高嶺ルビー2011について

1.新品種「高嶺ルビー2011」とは

イメージ画像

より赤色の花を目指して

長年にわたり、長野県を中心に、景観作物として愛用されてきた「高嶺ルビー」は、タカノ株式会社と信州大学名誉教授の氏原 暉男(うじはらあきお)氏が共同で開発した、珍しい赤花のソバの品種です。
地域によって栽培されているソバの品種は異なりますが、日本で栽培されているほとんどのソバが白い花を咲かせます。「高嶺ルビー」のように、赤い花を咲かせるソバは、日本では非常に珍しいといえます。

イメージ画像

赤そばのルーツ

「高嶺ルビー」のルーツは、標高約4000mのヒマラヤの麓に咲いていた、名も無き“赤い花のソバ”です。富士山の頂上よりも標高の高いこの地域では、太陽から強烈な紫外線が降り注ぎ、また、昼夜の寒暖の差も激しいため、ほとんどの作物はうまく育ちません。このような厳しい自然環境から身を守るために、「高嶺ルビー」のルーツとなった“赤い花のソバ”は、その花にアントシアニンという赤色のポリフェノールを蓄え身体を守っていました。その流れをくむ「高嶺ルビー」の花にも赤色のポリフェノールが多く含まれており、このポリフェノールこそが「高嶺ルビー」の花が赤い理由なのです。
※アントシアニンはポリフェノールの一種です。

品種改良の経緯

ある日、タネを購入されたお客様の中から「もっと赤くはならないのか」というお声を頂きました。私たちは、そのお客様の声にお応えすべく、品種改良を行うことにしたのです。品種改良は、長期にわたりました。他のソバ品種と交配しないように、一部の隔離圃場で、極秘の研究が進められたのです。
その努力の結果、年々少しずつ、その赤色は、濃さを増していきました。そしてついに、2011年に、高嶺ルビーの進化した品種が認められ「高嶺ルビー2011」が誕生したのです。

従来の高嶺ルビー・品種改良した高嶺ルビー2011

2.開発物語

赤いそばの花「高嶺ルビー」の物語

信州のとある大学に、
「そば博士」と呼ばれる先生がいました。

1970年代後半のことでした。
先生はヒマラヤの高山に珍しい赤い花を咲かせるソバがあることを聞き、
その地を訪れようと決心しました。

そこは標高4000m近いヒマラヤ山脈の麓。
強い紫外線がふりそそぐその土地は、
とても作物が育ちそうな環境ではありません。
しかしそこにあったのは、目をみはるような一面の赤そば畑。
荒々しい山肌に突然現れた鮮やかな狎岫爐論箒腓垢襪茲Δ僻しさでした。

それから十数年後、先生のもとへタカノから1 人の青年が派遣されました。
当時としては珍しい、大学と企業の共同研究を行うためでした。
研究テーマは、地域に役立つソバの品種を作ること。
先生は、青年とともに再びヒマラヤを訪れることにしました。

あの美しい赤ソバを、日本でも栽培できる品種にしようと考えたからです。
ところが、ヒマラヤから持ち帰ったその種は、
日本では赤い花を咲かせませんでした。
気候風土の違いがその大きな原因でした。
先生と青年の、気の遠くなるような研究のはじまりでした。

何年にも渡る研究の末、日本の風土に合う、赤い花のソバ品種
『高嶺ルビー』が誕生しました。

やがて信州の伊那谷では、毎年秋になると高嶺ルビーの赤い花が咲きほこり、
日本蜜蜂の飛び交う風景が見られるようになりました。

あれから20年…

イメージ画像

ある日、タネを購入されたお客様の中から「もっと赤くはならないのか」というお声を頂きました。
私たちは、そのお客様の声にお応えすべく、品種改良を行うことにしたのです。
品種改良は、長期にわたりました。他のソバ品種と交配しないように、一部の隔離圃場で、極秘の研究が進められたのです。
その努力の結果、年々少しずつ、その赤色は、濃さを増していきました。
そしてついに、2011年に、高嶺ルビーの進化した品種が認められ「高嶺ルビー2011」が誕生したのです。

また、弊社の展示場 兼 高嶺ルビー(鑑賞期間中)を見ることができる「ルビーの里」も運営しております。
お近くにお越しの際は是非ご来場下さい。

3.育てる

最適播種期・より赤くなる時期

赤特徴

  • 花の色がピンクから赤になり、草丈は40〜50cmで普通のそばに比べて低めとなります。
    極晩生で開花は日本在来の白花そばに比べて遅くなります。
  • 土地を選ばず、基本的には無肥料・無灌水で自然のまま栽培できます。

赤タネまき・栽培

  • よく晴れた日に、乾燥した花壇や畑にタネをばらまき、2〜5cmの土をかぶせてください。
    床土は15cm位を耕うんしてください。(排水不良地では高うねにしてください)
  • タネまき後に水を少なめに与え(プランターの場合)、それ以後、水やりや農薬散布の必要はほとんどありません。
  • 肥料はほとんど必要ありません。(もし与える場合は窒素分は徒長の原因となりますので避けてください)
  • うね巾は40cm程度、株間は4〜8cm程度が最適です。
  • 除草は必ず適宜に行ってください。
  • そばは水に弱い植物です。土は乾燥気味が適しています。
  • 収穫、精選、製粉、製麺は、普通のそばと同じ方法で行えます。

赤花をより美しく観賞するために

  • 播種期の決定が最重要ポイントです。
  • 開花期に10℃〜15℃の低温に合わせることで、より濃い赤色になります。
    従って、花が赤くなる時期から1ヶ月〜1ヶ月半が最適の播種期となります。
  • そばは霜に弱い植物です。栽培地域の初霜の時期をお調べください。開花後、霜の降りるまでが観賞期間で、収穫時期となります。

赤い花のそば「高嶺ルビー2011」についてのお願い

  • 赤色の発色の程度は、自然条件により微妙に異なります。大規模栽培をご希望の方は、前年での試験栽培をおすすめします。
  • 一般の白花そばとの交雑を防ぐため、白花そばの栽培地での作付けは行わないでください。
  • 本種は長野県・タカノ株式会社により育成された品種です。
※この品種は、種苗法による種苗登録出願品種(品種名:高嶺ルビー2011、品種登録番号:22653)です。出願者の許可なしでは、増殖および販売はできません。
※この品種は観賞用です。
※海外持ち出し禁止(公示(農水省HP)参照)



4.高嶺ルビーはちみつ

高嶺ルビーの赤い花から生まれた神秘のはちみつ

生命力にあふれた高嶺ルビーの赤い花。この生命力を分けていただくため、可憐で小さい花が持つ特別な蜜を、小柄な日本蜜蜂に採ってもらいます。
「高嶺ルビーはちみつ」はこれまで日本ではほとんどみることが出来なかった赤い花のそばと、古くから日本に住む日本蜜蜂の稀有な出会いから生まれた、世界的にも希少なはちみつです。

ミツバチとはちみつ

100%信州伊那谷産のはちみつ

中央アルプスと南アルプスの麓、諏訪湖から流れる天竜川が作り出した信州伊那谷。谷に広がる風景はまさに日本の田舎の原風景ともいえる眺望です。
この自然豊かな伊那谷で、澄んだ空を飛び交う日本蜜蜂が、赤く咲きほこる高嶺ルビーから集めた”宝石”、それが「高嶺ルビーはちみつ」です。

伊那谷の風景と伊那谷にある高嶺ルビー畑

日本蜜蜂とは?

信州伊那谷で、毎年この高嶺ルビーの赤い花から蜜を集めるのが、日本在来種の小さな蜜蜂、“日本蜜蜂”です。現在、市場に出回っている国産のはちみつのほとんどは、明治頃に外国から導入された西洋蜜蜂で養蜂したものです。西洋蜜蜂は、家畜として何千年ものあいだ人に飼育されてきた蜜蜂で、1年に何度も蜜を絞る事ができる、効率のよい蜂です。
一方、日本蜜蜂は、飼育われることを好まないほとんど野生の蜜蜂で、巣箱が気にいらなければ群れで巣を離れてしまうこともある、気難しい蜂です。また、質の良いはちみつは一つの巣から1〜2年に一度しか搾れず、採れる量も非常に少ないため、“幻のはちみつ”とされています。

  • 西洋みつばち
    黄色くて大柄な「西洋蜜蜂」
  • 日本みつばち
    黒っぽくて小柄な「日本蜜蜂」


卓越した養蜂技術によって生まれた特別なはちみつ

ただでさえ養蜂が難しい日本蜜蜂のはちみつですが、秋に花を咲かせる「高嶺ルビー」のはちみつは、真冬の11月〜12月に絞らなくてはならないため、より高度な養蜂技術が必要となります。
一般的に、日本蜜蜂のはちみつは冬に絞りません。冬に蜜を絞ると、越冬のために餌がなくなるため、蜂たちの大きなダメージとなるからです。高嶺ルビーはちみつは卓越した養蜂技術により生まれた特別なはちみつなのです。

  • 日本ミツバチの巣
    巣箱に群がる日本蜜蜂
  • 日本みつばちのハチミツ
    巣箱に詰まった日本蜜蜂のはちみつ


高嶺ルビーはちみつの味わい

一般的な西洋蜜蜂のはちみつに比べ、日本蜜蜂のはちみつは繊細な甘味と香りが特徴です。西洋蜜蜂のはちみつの多くは、蜜源となる花の香りが強く出やすく、しっかりとした甘味を持っていますが、日本蜜蜂のはちみつは、フルーティーな甘味と、複雑で繊細な香りが特徴です。
また、白花そばのはちみつは香りが強くクセがあるともいわれますが、高嶺ルビーのはちみつはクセが少なく、コクのある上品な味わいをしています。ぜひ、ご賞味ください。

高嶺ルビー畑と高嶺ルビーはちみつ

高嶺ルビーはちみつの注意事項

  • 自然の恵みをそのまま集めたはちみつですので、年ごとに色や風味が異なる場合がございます。
  • そばの花から集めたはちみつですので、そばアレルギーの方は摂取をお控えください。
  • はちみつは低温で白く固まることがありますが、天然のブドウ糖が結晶化しているだけで、品質には全く問題はありません。
  • 結晶化した場合は50℃前後の低温で時間をかけてじっくりと溶かしてください。60℃以上の温度で加熱処理を行いますと、色が黒くなったり、風味が変わったりする場合がございます。
  • はちみつには、自然界にまれに存在するボツリヌス菌が混入することがあり、1歳未満の乳幼児に与えると幼児ボツリヌス症を発症する可能性がありますので、はちみつを与えないでください。

「高嶺ルビー」商品のご購入はこちら

「高嶺ルビーはちみつ」 商品のご購入はこちら



「高嶺ルビー2011」は、赤い花を咲かせるソバです。
タカノ株式会社と信州大学名誉教授の氏原 暉男(うじはらあきお)氏が共同で開発し、品種改良を重ねて誕生しました。
主に観賞用として栽培され、最近では各地で一面の赤そば畑を観賞できる場所が増えてきました。
一面に広がる可憐で艶やかな赤ソバと青空とのコントラストは、まさしく絶景です!

そんな赤ソバが広がる絶景スポットを全国からご紹介。
ぜひ赤ソバの絶景をご体験ください。


※開花状況や最新の情報は、各施設や団体へ直接お問い合わせください。

ルビーの里 エクステリアガーデン (長野県駒ケ根市)
ルビーの里は信州・駒ケ根にある弊社工場に隣接するガーデンです。
当初はオーニング製品の試作・実験場として整備を始めましたが、社員が花を育て、森を育んでいるうちに、次第に地域の皆さんが立ち寄ってくださる場所となりました。現在ではここを公園として開放し、皆さまにご利用いただいています。
小さなお子様でも安心して遊んでいただける広い芝生と砂場、風を感じながらゆっくりと過ごしていただけるカフェ、珍しい赤い花のソバ畑をはじめ四季折々の花々がルビーの里の魅力です。
社員が心をこめて手入れをしています。
多くの皆さまのご来園を心よりお待ち申し上げております。

住所 長野県駒ヶ根市赤穂14-353
電話:0265-98-5144(直通)
アクセス お車でお越しの方
中央自動車道 駒ヶ根IC出口より県道75号線を駒ヶ根方面へ 10分。
電車でお越しの方
JR飯田線 伊那福岡駅下車より馬住ヶ原公園方面へ 徒歩15分。
バスでお越しの方
中央高速バス 伊那バス駒ヶ根車庫バス停下車より馬住ヶ原公園方面へ 徒歩20分。
ホームページ

ルビーの里 駒ヶ岳ガーデン (長野県上伊那郡宮田村)
弊社が管理するもうひとつのそば畑、宮田村にある「ルビーの里 駒ケ岳ガーデン」(長野県上伊那郡宮田村新田区)。
駒ヶ岳ガーデンは、宮田村、駒ヶ岳のふもとにあります。
「アサギマダラの里」「黒川こもれ陽の径」に隣接し、周辺には駒ケ根高原、マルスウィスキーや温泉などもあり観光地としてもお楽しみいただけます。

住所 長野県上伊那郡宮田村新田区
電話:0265-98-5144(直通)
アクセス お車でお越しの方
中央自動車道 駒ヶ根IC出口より県道75号線を宮田方面へ 10分。
電車でお越しの方
JR飯田線 宮田駅下車より早太郎温泉方面へ タクシー10分 約4.3km (徒歩約50分)。
バスでお越しの方
中央高速バス 駒ヶ根バスターミナルまたは、宮田バス停下車より早太郎温泉方面へタクシー約10分 約4.3km (徒歩約52分)。
ホームページ

とうぎた赤そばまつり (福島県二本松市)
福島県二本松市下川崎地域の東北(とうぎた)集落では、令和2年度より福島県地域創生総合支援事業を活用し、遊休農地に赤そばを栽培する事業を開始いたしました。
(写真提供:とうぎた赤そばまつり実行委員会)

住所 福島県二本松市下川崎古内
電話:0243-23-9042
ホームページ

赤花そば祭り (埼玉県久喜市)
久喜市栗橋地区では、毎年秋になると珍しい赤いそばの花を見ることができます。

住所 埼玉県久喜市間鎌297-1
電話:0480-53-1111(久喜市役所栗橋総合支所 総務管理課)
ホームページ

長尾の赤そば畑 (三重県いなべ市藤原町)
いなべ市は三重県一のそば処です。
そばの作付けに適したいなべ市の気候を活かし、2002年からそばの栽培、生産を始め、現在では三重県一の作付け面積、生産量となりました。
また、市民による手打ちそば技術の習得も盛んで、数多くの市民が素人そば打ち段位を取得しています。いなべ市のそば好き、そば打ち好きの市民たちはそば打ち団体を立ち上げ、そば祭りへの参加、体験教室への講師の派遣、そして自らのそば打ち技術の向上など、さまざまな活動を行っています。

住所 いなべ市藤原町長尾地区
ホームページ

赤そばの里 (長野県上伊那郡箕輪町)
赤そばの里は、日本でも珍しい赤そばの花が一面のピンクの絨毯のように華麗に咲き誇る場所。
東京ドームほどもある広大な畑を埋め尽くすルビーの絨毯を見に、県内外から多くの方が訪れる人気スポットです。
同じ町内にある「みのわテラス」では、オリジナル「赤そばビール」も限定販売しています。
(写真提供:箕輪町観光協会)

住所 長野県上伊那郡箕輪町中箕輪
電話:0265-79-3171 (箕輪町役場・箕輪町観光協会)
ホームページ

ひるがの高原 牧歌の里 (岐阜県郡上市)
岐阜県奥美濃は大日ヶ岳の麓、標高1,000mに広がるひるがの高原は、霊峯白山の雄大な姿と四季折々の大自然を満喫できるリゾート地です。
そんな風景を季節の花々で鮮やかに彩り、草原に馬やひつじが草をはむ姿がのどかな牧歌の里は自然と動物と食のテーマパークです。


住所 岐阜県郡上市高鷲町鷲見2756-2
電話:0575-73-2888
ホームページ

福地いろどりむら (岐阜県加茂郡八百津町)
福地いろどりむらは、福地地区に建設中の村です。
古くから受け継がれてきた暮らしを体験し、これからの暮らしに生かしていく、いろどり豊かな知恵を編み出そう。
昔ながらの暮らし体験や、「福地そば花見会」が行われています。

住所
ホームページ

グリーンパーク都路 (福島県田村市)
田村市は東京2020オリンピック・パラリンピックにおいて、ネパール連邦民主共和国を相手国とする交流計画が認められ「ホストタウン」として登録決定されました。
登録決定以降、ネパール連邦民主共和国陸上競技チームの事前キャンプ等の取り組みを行い、交流の一環として2019年から「赤そば」栽培を進めてきました。
「赤そば」はヒマラヤ山脈の麓であるネパール等を原産地としており、赤い花が咲くのが特徴です。
標高約3,000mから4,000mの地で群生する赤そばの花を田村市で見てもらい、少しでもネパールの原風景を感じていただければ幸いです。
市内のレストランでは、赤そばを食べることができます。

住所 福島県田村市都路町岩井沢北向185-1
電話:0247-61-4114
ホームページ